【蕎麦で健康】蕎麦は食物繊維がタップリでおなかに良いですよ!

スポンサーリンク



そばはタデ科の植物で穀物です。

多くの栄養素やビタミンミネラルを含んでいます。


その1つが食物繊維です。

 

食物繊維という言葉は誰もが聞いた事があると思います。

 

また、健康に良いとは知っていると思いますが

なぜ健康に良いのかまでは知らない方が多いのでは

ないでしょうか?

 

 

まず、食物繊維とはなんでしょう?

 

食物繊維とは、体内で消化されない、消化されにくい

食物に含まれている成分の総称だそうです。

イメージ的にも繊維質で食べたら消化・吸収されずに

排出されるイメージですよね。

 

この食物繊維ですが、

かなり沢山の良い効果を持った成分です。

1日の推奨摂取量は20~25gですが

現代人の平均摂取量は14~15gと少なめです。

 

蕎麦1枚に含まれる食物繊維量は約4~5gです。

 

1日の摂取量には足りませんが、

1回の食事で取れる量としては、いろいろな食品の

中でも1番多いです。

 

では、食物繊維がどう健康に良いのでしょうか?

効用として代表的なものは

 

血中コレステロール値の減少、腸内菌の改善

便秘予防、肥満予防、糖尿病予防、動脈硬化予防

毒性物質の排出促進

 

と成人病予防、美容・健康に効果的なのが分かります。

いくつか解説していきましょう。

 

 

「血中コレステロール値の減少」

 

食べた食物の脂分はそのままでは吸収できません。

水に溶けた状態になると吸収出来るようになります。

 

水に溶けた状態にする為に胆のうから胆汁酸が

出てきて溶かします。

 

食物繊維は脂を溶かす胆汁酸と結合して

脂が溶けるのを妨げる働きをします。

 

そのため、脂分を沢山食べたときは

食物繊維も一緒に取るとコレステロール値を

下げる事が出来ます。

 

 

「腸内菌の改善」

 

腸内にはビフィズス菌などの有用菌と

体には良くない有害菌がいます。

 

この有害菌も歳を取るごとに増えてしまうようです。

 

有害菌は腸炎などの発症の原因になってしまいますが

有用菌は腸内腐敗防止、免疫強化、腸内感染の予防

腸管運動の促進作用など、良い事だらけです!

 

食物繊維を沢山取っていると、この有用菌が優勢になり

有害菌が抑え込まれている事が実証されています。

 

 

「肥満防止」

 

18~20才の女性を対象に食事のGI値を調査した所

食物繊維の摂取量が多い人ほど、

肥満を表す値のBMIが低くなることが分かっています。

 

これらのように食物繊維は体に良い効果があります。

 

とくに現代人は摂取量が減っているようですので

効果的です。

食物繊維を多く含む食品はほとんどが野菜・根菜類です。

 

これらの食品でも美味しく取り込む事が出来ますが

主食として1度に大量に食べる事は難しいです。

それに対し蕎麦は主食ですので

無理無く大量に食べる事が出来ます。

 

バランスの良い栄養素と食物繊維を無理なく取れる

蕎麦で美味しく健康に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

さいたま市で手打ち蕎麦屋「吉敷末広」を営んでおります、濱口と申します。 蕎麦を好きになるきっかけになればと思い、サイトを作りました。 ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください! 全てに個別にお答えする事は時間的に出来ないかもしれませんが、記事にして回答したりさせて頂きます! よろしくお願いいたします^^

プロフィールプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

このサイトについて

このサイトは、僕の知識の整理と、もっと蕎麦を好きになってもらいたい!という考えから作っています。
少しでもお役に立てたら幸いです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
説明文
お家で簡単に手打ちそば

もっともっと沢山方に本来の蕎麦の味を知って頂きたいと思い、こちらの講座を作りました。

おかげさまで大好評!!
超初級編 手打ちそばの作り方!
1,500円