【蕎麦で健康】蕎麦と一緒に食べるともっとバランスの良くなるものはこれ!

スポンサーリンク




蕎麦には思ったより多くの栄養素が

たくさん含まれているのが分かりました。


 

ルチン・・・生活習慣病の予防

食物繊維・・・脂肪の吸収を抑える

でんぷん・・・血糖値の上がりにくい難消化性

たんぱく質・・・必須アミノ酸スコア92

カリウム・・・高血圧のリスクを減らす

亜鉛・・・骨を作る必須ミネラル

ビタミンB群・・・神経や細胞、粘膜を作るのに関係

 

 

蕎麦は日本人の主食「お米」や

最近人気のパンやうどん使われる「小麦」

に比べてとても栄養分が豊富で

バランスの良い食品です。

 

 

しかし、穀物ですし足りない栄養素もあります。

 

ですので、蕎麦と一緒に食べると良いもの。

栄養バランスがより良くなるものを紹介します。

 

 

蕎麦の栄養素で足りないものは

ビタミンA、C、D、E、たんぱく質などです。

 

それぞれの栄養素を多く含む食品と

蕎麦屋さんで多く含むメニューを紹介します。

 

 

【ビタミンA】(皮膚や喉の粘膜などを正常に保つ)

焼き海苔(2400μg) とうがらし(1500μg) しそ(880μg)

たまご(卵黄)(480μg) 糸みつば(340μg)

鶏肉(35μg)

親子丼セットなんか良いですね!

 

【ビタミンC】(コラーゲンを作り、メラニン色素が作られるのを抑える)

焼き海苔(210μg) ししとう(57μg) レモン果汁(50μg)

海苔のかかったざる蕎麦やししとうが添えてあって

レモンをかけて食べる鴨焼きなんか良いですね!

 

【ビタミンD】(カルシウムとリンの吸収を助ける)

身欠きにしん(50μg) 干ししいたけ(17μg)

そのまま、にしんそばで(笑)

 

【ビタミンE】(強い坑酸化作用、生活習慣病予防)

とうがらし(29.8μg) しそ(3.9μg)

しそはビタミンAも豊富ですね!

天ぷらも良いですし、しそは板わさで敷かれていたり

するのも食べてあげると良いかもしれません。

 

【たんぱく質】(体を作る。蕎麦の含有量は12mg/100g)

焼き海苔(41.4μg) かも(23.6μg) 車えび(21.6μg)

ブラックタイガー(18.4μg) 桜えび(18.2μg)

豚バラ(14.2μg) 生たまご(12.3μg)

鴨焼き、海老天ざる、肉南蛮

蕎麦に海苔を敷き卵を落とした月見蕎麦がいいですね!

 

あらためて昔からあるメニューというのは

蕎麦との相性が良く、バランスが取れているのが分かります。

意外だったのは焼き海苔です。

ビタミンA、ビタミンC、たんぱく質を豊富に含んでいます。

 

海苔は蕎麦とも玉子ともそば汁と合わせていても

美味しいですし、家庭でも取り入れやすいので

積極的に蕎麦と合わせいきたいですね!

 

SONY DSC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

さいたま市で手打ち蕎麦屋「吉敷末広」を営んでおります、濱口と申します。 蕎麦を好きになるきっかけになればと思い、サイトを作りました。 ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください! 全てに個別にお答えする事は時間的に出来ないかもしれませんが、記事にして回答したりさせて頂きます! よろしくお願いいたします^^

プロフィールプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

このサイトについて

このサイトは、僕の知識の整理と、もっと蕎麦を好きになってもらいたい!という考えから作っています。
少しでもお役に立てたら幸いです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
説明文お家で簡単に手打ちそば

吉敷末広では月に一度のペースでそば教室を開催してきました。それは手作りした蕎麦がどんな味なのか、体験して実感して欲しかったからです。
手作りの蕎麦の味、美味しい蕎麦の味を知らなければ、どんな名店に行こうとも実感する事は出来ないと思ったからです。

おかげさまで、蕎麦教室も約2年ほど続けてこれていますが、もっともっと沢山方に本来の蕎麦の味を知って頂きたいと思い、こちらの講座を作りました。

モニター価格実施中!!
超初級編手打ちそばの作り方!
1,300円→500円
モニター価格は30名様限定です!
⇒残り26名様