【蕎麦で健康】蕎麦を食べて体内にあるミネラルのうち、鉄の次に多い亜鉛を取ろう!

スポンサーリンク




ミネラルは人間の生命維持に必要な五大栄養素

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの内の1つです。


蕎麦に含まれるミネラルのうち、「カリウム」については

説明させて頂きました。

 

ミネラルの中でも、1日の摂取量が100mg以下の

微量ミネラルの1つ、亜鉛についてです。

亜鉛は必須ミネラルの内の微量ミネラルです。

しかし、体内では鉄に続いて多いミネラル

体重70kgの人で約2.3g含まれます。

 

働きとしては

たんぱく質の合成など代謝を上げ骨などを作りやすくします。

酵素を作り、血中コレステロールの調整やインシュリンの分泌

また、肝臓の強化、免疫力の強化、味覚などに関係しています。

 

必須ミネラルは体内で作られないので

食べる事で取り込まないといけません。

 

亜鉛を多く含む食品の代表はレバー、牡蠣等です。

 

蕎麦は穀物の中では多い方で2.4mg/100g含まれます。

小麦 0.3mg/100g  米 1.4mg/100gと比べても

多い事が分かります。

 

亜鉛は吸収されにくいミネラルですし尿などからも

体外に出てしまいます。

そうなると亜鉛が欠乏する事があります。

 

亜鉛が足りなくなると

味覚障害

精子の減少

無月経

貧血

免疫力の低下

甲状腺機能の低下

胃腸機能低下

インシュリンの不足など

活動にさまざまな影響が現れます。

 

特に男性は生殖機能に影響が出ますので

積極的に取り込みたいですよね!

 

亜鉛は吸収されにくいミネラルですがビタミンCと

同時に取り込む事で吸収しやすくなります。

 

蕎麦は穀物の中では亜鉛を多く含む食べ物です。

そば汁や出しに使うカツオにも多く含まれています。

 

汗や尿からも排出されてしまうので

亜鉛を多く含む食品を食べて健康に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

さいたま市で手打ち蕎麦屋「吉敷末広」を営んでおります、濱口と申します。 蕎麦を好きになるきっかけになればと思い、サイトを作りました。 ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください! 全てに個別にお答えする事は時間的に出来ないかもしれませんが、記事にして回答したりさせて頂きます! よろしくお願いいたします^^

プロフィールプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

このサイトについて

このサイトは、僕の知識の整理と、もっと蕎麦を好きになってもらいたい!という考えから作っています。
少しでもお役に立てたら幸いです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
説明文お家で簡単に手打ちそば

吉敷末広では月に一度のペースでそば教室を開催してきました。それは手作りした蕎麦がどんな味なのか、体験して実感して欲しかったからです。
手作りの蕎麦の味、美味しい蕎麦の味を知らなければ、どんな名店に行こうとも実感する事は出来ないと思ったからです。

おかげさまで、蕎麦教室も約2年ほど続けてこれていますが、もっともっと沢山方に本来の蕎麦の味を知って頂きたいと思い、こちらの講座を作りました。

モニター価格実施中!!
超初級編手打ちそばの作り方!
1,300円→500円
モニター価格は30名様限定です!
⇒残り26名様