もり蕎麦とかけ蕎麦どちらが美味しいのか?

こんにちは、ソバヤコムの濱口です。

あなたは蕎麦やさんへ行ったら何を食べますか?

 

僕はお品書き(壁に貼ってあるものも含めて)をじっくり見て、

想像がつかないものや、

お店が力を入れていそうなものを頼みます。

人気メニューとか売れ筋はあまり頼みません(笑)

 

蕎麦はもりを食べるべきか?それともかけか?

良く蕎麦が好きなおじさまや自称そば通のおじさまは

「蕎麦はもりだよ!」

とか言っていたりします。

実際はどうなのでしょう?

 

 

僕のおすすめはもりそばです。

理由は簡単でおそばを何もつけずに食べられ

お店のつゆの味も分かるからです。

 

ただ本音はもりそばだけでは物足りないので

天せいろや鴨汁など、蕎麦だけを食べることが出来て

ほかの食材も食べられるものを選びます(笑)

 

そうすれば、お蕎麦だけを食べることが出来て

他の食材も食べることが出来て二度おいしい気がします

 

 

冷たい蕎麦と何かの組み合わせで

お店独自のものや力の入れているもの

があると即決でそれになるのですが

 

中にはオーソドックスなメニューしか無いお店もありますので

そんなときも大体天ざる、天付きせいろなど、

冷たいそばと何かの組み合わせを注文することが多いです。

 

 

 

そうなるとかけなど温かい蕎麦は食べないのか?

ということになりますがそんな事もないです。

 

2人とかで行くと両方頼みますし

決してかけなどの温かい蕎麦が美味しくない訳ではないです!

むしろかけ蕎麦の美味しいお店が本物だと思っています。

「ならかけを頼めよ!」と突っ込まれそうですが(笑)

 

 

 

僕の店に来るお客様では

1人でもりとかけをご注文される方もいらっしゃいます!

量が食べられるならこのやり方もうらやましいです。。

 

ちなみにそば通に見られたいなら

この両方頼むのはとても有効です。

蕎麦屋としては結構気になります(笑)

 

「こういう注文をされるとついどんな人なのか見に行ってしまう。」

という話もあります(笑)

 

 

 

そもそもこのテーマは、

蕎麦やさんの何に重点を置いているかで、

注文するものは変わるとおもいます。

 

蕎麦に重点を置くなら冷たいものを、

つゆに重点を置くなら温かいものを。

 

 

あなたがかけそば派なら

「かけそばでもつゆの味は分かるんじゃないの?」

とおっしゃるかもしれません。

 

たしかにそうですが、

つゆに蕎麦がつかってくると

蕎麦だけを味わえなくなりますよね。

なので冷たいものを、おすすめします。

 

 

ちなみにもりそばのポイントは

蕎麦について(見た目、香り、味、食感(舌触り、噛んだ感触))

とつゆとのバランスで、

 

温かいもののポイントはつゆとのバランスと

つゆについて(色、見た目、量的バランス、甘味、塩味、酸味、苦味などのバランス)

かと思っています。

 

 

あなたはもりそば派?かけそば派?

意見を聞かせて頂けると僕が喜びます

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

さいたま市で手打ち蕎麦屋「吉敷末広」を営んでおります、濱口と申します。 蕎麦を好きになるきっかけになればと思い、サイトを作りました。 ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください! 全てに個別にお答えする事は時間的に出来ないかもしれませんが、記事にして回答したりさせて頂きます! よろしくお願いいたします^^

プロフィールプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

メルマガ登録はこちらから

このサイトについて

このサイトは、僕の知識の整理と、もっと蕎麦を好きになってもらいたい!という考えから作っています。
少しでもお役に立てたら幸いです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
説明文
お家で簡単に手打ちそば

もっともっと沢山方に本来の蕎麦の味を知って頂きたいと思い、こちらの講座を作りました。

おかげさまで大好評!!
超初級編 手打ちそばの作り方!
1,500円