蕎麦を食べるときに使いたい2つのiphoneアプリ

スポンサーリンク




どうもこんにちは。

蕎麦屋さんに行って蕎麦を食べるとき

あなたはどんな行動をしていますか?

私はお店の外観、内観、料理と写真を撮り

Facebookでチェックインもします。

 

 

友人にどこへ行ったか。

どんな店で何を食べたか。

どんな店かコメントして場所も伝える。

 

とこんな事をします。

 

 

これは友人やFacebookを見ている人に

伝えたいと言う気持ちと、自分の為の記録の

2つの理由からそんな事をしているわけです。

 

あなたは何かしていますか?

 

いつも必ずと言うわけではなくても

写真を撮って、Facebookやmixiやtwitterなど

SNSに公開したり、誰かに話したり見せたり

したことがありますよね?

 

 

そんなとき私が使っていて

おススメしたいiphoneアプリが2つあります。

 

超微音カメラとEvernote Foodです。

bionkamera
微音カメラ
ITunes App Store

evernote food
Evernote Food
ITunes App Store

 

この2つのアプリの何が良いかって言うと

私は蕎麦屋さんに行くと、写真を撮り

自分のための記録を兼ねてSNSに公開する

と言いました。

 

写真を撮ってみんなに伝えたり、自分用に記録しておく。

ってことが簡単にしかも誰にも迷惑を掛けず、と言うか

気付かれずにスマートに出来てしまうんです^^

 

超微音アプリで周りのお客さんや店員さんに

シャッター音で迷惑掛けたり、シャッター音が大きくて

恥ずかしい思いをせず写真を撮り

 

それをEvernote Foodで記録したり

みんなに教えたり出来ます。

 

超無音アプリの使い方

5s

超無音アプリを起動するとこんな画面が出ます。

①シャッター
②ピント
③露出
④ズーム
⑤音量変更
⑥音量表示
撮った画像のサムネイル表示(左上)
カメラ切り替えやホワイトバランスの固定
フラッシュのON/OFF
共有ボタンと設定ボタン

とかなり多くの機能を持っています。

 

右下の設定ボタンで表示など

色々設定も出来ます。

 

音量はマックスで1.00ですが

それでも音は小さいです。

画像の0.01だと常人には聞き取れないですね(笑)

 

また優れた機能として

ピントと露出が別々に決められます。

 

室内でバックが窓で明るいと店内が真っ暗になったり

逆に窓の景色が見えなかったりしますよね?

あれを解消できます。

 

一眼レフと同じ機能と言っても良いです!

IMG_2259 IMG_2256

IMG_2260 IMG_2255

左は缶ビールに露出を当てているのでスマホが白っぽく。

右は白いスマホに露出を当てているのでそれ以外が暗くなります。

 

ピントも移動出来るのでうまく撮れば

ボケ感も出せて良い感じに写ると思います!

 

これを使えば、暗い店内や明るい店内でも納得の行く写真が

シャッター音で迷惑掛けずに撮ることが出来ます!

 

Evernote Foodの使い方

↓↓↓↓↓Evernote Food公式解説動画↓↓↓↓↓

IMG_2254

Evernote Foodアプリを開くとこんな感じです。

レシピを検索したり、レストランを探したり

お気に入りを登録しておいたり

食事を写真、場所、コメント、タグなどで

記録して友達と共有出来ます!

 

食事を記録するのは「食事一覧」

開くと今まで記録した食事が出てきます。

IMG_2263

 

試しに夕食を開くとこんな感じ。

場所、料理、地図、タグ、メモ、写真が記録できます。

 

IMG_2265

地図は場所を追加を押すと近場の候補が出てきます。

自分がいるお店を選択しましょう。

ちなみに、Facebookなどは出てこない事もあるこの候補ですが

Evernote Foodはほとんど出てきますよ^^

 

私の店もちゃんと出てきたので選択すると

自動で地図が表示されます。

 

写真はEvernote Foodで撮る事も出来ますが

シャッター音が普通にするので

超無音アプリで撮っておいて

それを選んだ方が良いです。

 

もちろんシャッター音がしないからと言っても

勝手に写真をとるのはマナー違反です。

一言断りましょうね^^

 

先ほどの画像のsyasinnを押すとこのようになります。

IMG_2261

写真を撮るときはbotanを押します。

赤丸部分を押すと超無音アプリで撮った写真を選べます。

もちろんそれをSNSやメール等で共有する事も出来ます。

 

SNSなどで共有したい場合はkyouyuを押します。

IMG_2262

こんな感じに変わるので好きな共有方法で

みんなに教えてあげましょう!

 

 

これらを使えば、自分だけの蕎麦屋ノートも作れます!

手打ちや十割などタグ付けすればタグ検索も出来ます!

店の地図や店名も入るので店名検索も出来ます!

 

これ1つであなたの食事の記録が簡単に出来て

しかも探すのも一瞬(笑)

 

ノートや手帳より手軽で早いですし

なによりお店でノート広げて食事の記録してたら

なんだか注目を集めちゃいそうですよね。

 

これならメール打ってるのか、記録しているのか

分からないですし、スマートですよ^^

 

どちらのアプリも無料アプリですから

ぜひ1度試してみて下さい!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

さいたま市で手打ち蕎麦屋「吉敷末広」を営んでおります、濱口と申します。 蕎麦を好きになるきっかけになればと思い、サイトを作りました。 ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください! 全てに個別にお答えする事は時間的に出来ないかもしれませんが、記事にして回答したりさせて頂きます! よろしくお願いいたします^^

プロフィールプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

このサイトについて

このサイトは、僕の知識の整理と、もっと蕎麦を好きになってもらいたい!という考えから作っています。
少しでもお役に立てたら幸いです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
説明文お家で簡単に手打ちそば

吉敷末広では月に一度のペースでそば教室を開催してきました。それは手作りした蕎麦がどんな味なのか、体験して実感して欲しかったからです。
手作りの蕎麦の味、美味しい蕎麦の味を知らなければ、どんな名店に行こうとも実感する事は出来ないと思ったからです。

おかげさまで、蕎麦教室も約2年ほど続けてこれていますが、もっともっと沢山方に本来の蕎麦の味を知って頂きたいと思い、こちらの講座を作りました。

モニター価格実施中!!
超初級編手打ちそばの作り方!
1,300円→500円
モニター価格は30名様限定です!
⇒残り26名様